NPO法人 保育・子育てアドバイザー協会 関西

NPO法人情報詳細

Incorporated Nonprofit Organization

クリップ

HOME | NPO法人情報詳細

理事長ご挨拶

長い間、人類進化と文化進化は平行線を描いてきましたが、今、その乖離が急速に進行しており、2045年には人類の知能をAIが追い抜く技術的特異点(シンギュラリティ)に到達すると予測されています。2018年には中国で、人間のもつ遺伝情報を書き換え(ゲノム編集)て本来備わっていない能力を付与された双子のデザイナーベビーが誕生しましたし、脳の中に量子コンピュータを埋め込む時代がすぐそこまで来ています。ヒトはホモ・サピエンスからホモ・デウス(神の人)になろうとしているのです。しかし例え人間がホモ・デウスになったとしても、やはり哺乳と保育なしには子どもは育ちません。人は孤立しては生きられないのです。

人のつながりのあり方は、私の子ども期に比べれば随分大きく変わりました。変化の始まりは、テレビがお茶の間に登場したのは昭和30年代でした。大人にも子どもにも、共通の情報が流れるテレビの出現を機に、大人と子どもの世界の区別がなくなりましたし、今ではスマホを操作して遊ぶ3歳児も珍しくなくなりました。また昔は共同体の皆が地縁・血縁でつながっていましたが、今は人が人ではなくモノとつながるIoTの時代です。例えば人にではなく、スピーカーに話しかければテレビが勝手に情報を選び出し、どの情報がリアルでどの情報がバーチャルであるかもわからなくなりつつあります。このように価値観やライフスタイルが激変する中、子育てだけは昔通りというわけにはいきません。
確かに、子育ての方法に正解はありません。しかし人はそれぞれベストの方法を探して、子育てや子どもの教育にいそしんできました。

本協会は保育や子どもの教育、あるいは広く発達支援に携わっていらっしゃる方々に、発達心理学の最新知見をお伝えすることを目的としておりますが、増加する一方の発達障害や親子間の愛着形成不全、子どもの社会性発達の諸問題など、解決すべき課題は山積しております。そこで協会では、感情労働でお疲れの皆さんへのヘルプとして今年度から新たに、保育士や悩みを抱えていらっしゃるご家族の方々へのコンサルテーションを始めます。気になっている子どもの行動や家族のダイナミクス、あるいはご自身の悩みの解決を、協会に属する公認心理師や臨床発達心理士、産業カウンセラーなどの専門家にご相談下さい。私たちは真摯に皆さんお悩みを受け止め、一緒にアドバイスや支援の方向性について考えていきます。日程及び相談会場については協会案内をご覧下さい。

むろん、従来の研修講座も開催していきます。混沌の時代、協会は皆さまの悩みにお答えしながら、同時によりよい保育・養育に必要な情報の提供の場でありたいと思っております。意をおくみ頂ければ幸いです。

NPO法人 保育・子育てアドバイザー協会 関西
理事長 荘厳 舜哉
元京都光華女子大学教授 博士(心理学)臨床発達心理士

組織概要

組織名 NPO法人 保育・子育てアドバイザー協会 関西
主たる事務所の所在地 京都市左京区吉田中大路町16-4 〒606-8313
電話番号

080-1446-4046

メールアドレス support@hk-kansai.net
ホームページURL https://www.hk-kansai.net/
理事長 荘厳舜哉
目的 本協会は、乳幼児保育及び小学校中学校教育に直接携わる保育者、教育者並びに広く一般保護者を対象に、保育や教育、発達障害に関連する基礎教養・技能と乳幼児及び児童生徒に対する指導力を高めるための保育・子育てアドバイザー研修開催及び一般保護者対象の講習会開催等に関する事業を行い、受講者の資質向上に寄与するとともに、養育不全や児童虐待、発達障害等の課題がある乳幼児及び児童生徒、並びにその保護者、及び育児不安を抱える保護者や当該の乳幼児及び児童生徒に対して問題提起と課題解決に関する事業を行い、以って豊かな地域社会作り、以って豊かな地域社会作りに寄与することを目的とする。
活動の種類 保健・医療・福祉/社会教育/子どもの健全育成
事業内容 ○人材養成事業
乳幼児保育及び小学校中学校教育に直接携わる保育者、教育者を対象とした保育・子育てアドバイザー研修開催事業を行い、当該の保育者、教育者の乳幼児及び児童、並びにその保護者ヘの対応力を高める。
一般保護者を対象とした講習会開催事業を行い、乳幼児、児童に対する対応力を高める。
○資格認定事業
保育・子育てアドバイザー研修開催事業において、受講者の研修結果を評価する目的で、保育・子育てアドバイザー資格ガイドラインを策定する。
保育・子育てアドバイザー研修開催事業における受講者を対象に保育・子育てアドバイザー資格ガイドラインに沿って試験を課し、資格付与を行う。
○普及啓発事業
幼児保育及び小学校中学校教育に直接携わる保育者、教育者、並びに一般保護者への本協会の設立目的、活動内容をパンフレット、インターネット等で告知する。
○調査研究事業
保育・子育てアドバイザー研修開催事業及び一般保護者を対象とした講習会開催事業の内容に関する調査研究を行う。また、講習会開催事業推進に必要とされるテスト開発及び臨床研究を行う。
○編集制作事業
保育・子育てアドバイザー研修開催事業及び一般保護者対象の講習会開催事業における研修並びに講習会内容を基盤に保育・子育てアドバイザー研修開催事業及び一般保護者対象講習会事業に対するテキストブックの編集制作を行う。
○相談支援事業
養育不全や児童虐待、発達障害等の課題がある乳幼児及び児童生徒、並びに保護者、及び育児不安を抱える保護者や当該の乳幼児及び児童生徒に対して問題提起と課題解決に向けた相談支援を行う。
○その他
その他この協会の目的達成のために必要な事業を行う。
認証日 2011年4月25
設立日 2011年5月2日